浮世絵と史跡を見る里のみちコース

エリア名
県北エリア
市町村
那珂川町
コースの距離
10.8km
徒歩所要時間:
02:43:28
4

各種操作

消費カロリー計算
---kcal
体重: Kg

スマートフォンでこのページを見る

  • 浮世絵と史跡を見る里のみちコース

コースの見どころ

 このコースは道の駅ばとうを起終点とした周回歩道になっています。
 途中には国指定史跡の唐の御所や県指定史跡の武茂城跡、浮世絵を満喫できる広重美術館や美しい里山の広がるすくすくの森などがあり、日本の原風景や歴史、芸術を満喫できるコースです。

コースのチェックポイント

  1. スタート 道の駅ばとう
    • トイレ
    • 休息所
    • 駐車場
    • 給水所
  2. 唐の御所横穴
    チェックポイント 1 唐の御所横穴
    • トイレ
    • 休息所
    • 駐車場

     昭和9年(1934)に国指定史跡に指定、周囲は駐車場や散策路が整備されています。7世紀前後の横穴式古墳です。
     平将門の娘が隠れ住んだという伝説が残っています。古墳の横穴で子供を産んだ娘である事が世間に知られるのを恐れ、唐上帝王(中国の皇帝)の后と身分を偽った事から何時しか「唐の御所」と呼ばれるようになりました。

  3. すくすくの森
    チェックポイント 2 すくすくの森
    • トイレ
    • 休息所
    • 駐車場

     那珂川町中心部の北側、約60haの丘陵地に広がる山林公園です。アカマツやコナラを中心とした里山の風景を満喫できるだけでなく、遠く日光連山や那須高原が望めます。公園内には森林展示館、環境に配慮したトイレ、 四阿のほか周回遊歩道が整備されており、乾徳寺や静神社への散策も楽しめます。

  4. 武茂城跡
    チェックポイント 3 武茂城跡

     武茂城は鎌倉末期の正応年間(西暦 1288~ 93年)に 宇都宮左衛尉景綱の3男泰宗が築城したと伝えられています。菩提所である乾徳寺を中心に東西の山に位置しており(面積は4haに及ぶ)、静神社社殿のある場所より北側一帯が主郭部になります。現状が山林のため遺構は良好に残され、中世山城の原型をよく留めています。県指定の史跡になっています。

  5. 馬頭広重美術館
    チェックポイント 4 馬頭広重美術館
    • トイレ
    • 休息所
    • 駐車場
    • 給水所

     歌川広重の肉筆画や浮世絵版画などを展示しています。年間約9本の展覧会を開催しています。自然と光あふれるモダンな空間で江戸の世界を楽しめます。平屋建てで落ち着いた感じの建物は、那珂川町の周囲の景色に溶け込んでいます。

  6. チェックポイント 5 通過地点
  7. ゴール 道の駅ばとう
    • トイレ
    • 休息所
    • 駐車場
    • 給水所

コース一覧

八幡つつじ群落

  • 県北エリア(那須町)
  • 3.7km
  • 00:55:17
  • 178.6kcal

 つつじ吊橋をスタート地点として、外周距離3.6km、所要時間1時間半ぐらいで歩けます。6月上旬の頃はつつじ群落で見事でしょう。
 また、紅葉の時期も良いでしょう。

八幡つつじ群落