歴史の面影をたどる 高田山専修寺コース

エリア名
県東エリア
市町村
真岡市
コースの距離
3.9km
徒歩所要時間:
00:59:16
0

各種操作

消費カロリー計算
---kcal
体重: Kg

スマートフォンでこのページを見る

  • 歴史の面影をたどる 高田山専修寺コース

コースの見どころ

親鸞聖人が建立された唯一の寺院であり、国の重要文化財にも指定されている高田山専修寺。陣屋からの道のりは、二宮尊徳資料館や旧高田分校など、歴史の影を感じることが出来ます。

コースのチェックポイント

  1. 桜町陣屋跡
    スタート 桜町陣屋跡
    • トイレ
    • 駐車場
    • 給水所

     桜町陣屋跡は、二宮尊徳が桜町領の復興事業を行った役所跡で、国指定史跡となっています。春には、桜町の名のとおり桜の花が咲き誇ります。また、陣屋内にある「報徳田」と呼ばれる水田では、江戸時代のままの米作り体験が行われ、多くの家族や子どもたちが参加します。

  2. 二宮尊徳資料館
    チェックポイント 1 二宮尊徳資料館
    • 駐車場

    二宮尊徳の資料を貯蔵している資料館です。無料で入館できます。

  3. 四季の里公園
    チェックポイント 2 四季の里公園
    • トイレ
    • 休息所

    住宅地の入口にある緑に囲まれた公園です。

  4. 高田山専修寺
    チェックポイント 3 高田山専修寺
    • トイレ

     親鸞聖人が建立された唯一の寺院であり、七年の間聖人が居住され、専修念仏の根本道場とされた聖地です。国からは「親鸞聖人の宗教史跡」として、国史跡に指定されるとともに、諸堂も国や県等の重要文化財に指定されています。

  5. チェックポイント 4 通過地点
  6. 桜町陣屋跡
    ゴール 桜町陣屋跡
    • トイレ
    • 駐車場
    • 給水所

     桜町陣屋跡は、二宮尊徳が桜町領の復興事業を行った役所跡で、国指定史跡となっています。春には、桜町の名のとおり桜の花が咲き誇ります。また、陣屋内にある「報徳田」と呼ばれる水田では、江戸時代のままの米作り体験が行われ、多くの家族や子どもたちが参加します。